Oyamazaki little place

大山崎リトルプレイスは、 京都と大阪の府境、京都で一番小さな町・大山崎町にあります。

 

2009年に『大阪のカエルと京都のカエル』という昔話からカエルをキャラクターに、カエルが町を案内する『大山崎おもてなし観光マップ』の制作(大山崎町商工会女性部企画・製作)をお手伝いしたことをきっかけに、京都新聞大山崎販売所購読者サービスのひとつとして大山崎のお店や文化・歴史を紹介するミニコミ紙『大山崎ツム・グ・ハグ』を2010年に創刊。同時に「大山崎リトルプレイス」を立ち上げました。

 

「大山崎リトルプレイス」はpressとplaceを掛けて、「大山崎のリトルプレスを作る小さな場所」という意味でつけました。家族で話の種になるような身近な話題を、クスッと笑えるセリフとイラストを交えて、作り手も読者もちょっと気が緩む印刷物を作っていこうと始めました。

  • 大山崎リトルプレイス
  • 大山崎ツム・グ・ハグ
  • RSS Classic